MASARU KAWAI

MASARU KAWAI

COSMIC WONDER

2019 07 20

個展のお知らせです。

「by trees」
2019.8.3-8.11
Center for COSIC WONDER
東京都港区南青山5-18-10

初日の8/3に医師の稲葉俊郎さん、料理家の後藤しおりさんをお迎えし、医療と食の両面から「美しさ」を考えるトークショー兼朝食会を開催します。
定員15名、参加費4500円、要予約となっております。
ご希望の方は03-5774-6866までお申し込み下さい。先着順となっております。

2019 06 18

欅の縁高
重箱としても使えます。

Butterfly table

2019 06 14

New item!!

Nobuhiro Yamaguchi(graphic designer) × SOMA

1100mm×550mm×h700mm(max) ; cypress

yamahon京都

2019 04 18

yamahon京都にて個展をさせていただきます。
5.10-5.29
初日のみ在廊いたします。
https://www.yamahon.co

竹中大工道具館での展覧会
「SOMA 日本の森と素木の家具」
がはじまりました。

今回は、なぜ私がこの仕事をしているのか、自分自身を整理する良いきっかけになりました。

日本は今、使い頃の杉や檜をはじめ、針葉樹広葉樹問わずとても多くの木があるにも関わらず、木材需要の多くを海外の森を伐採することで賄っています。それはつまるところ、結果的に安くつくから、です。
日本は地下資源という面では恵まれていませんが、温暖多雨で土壌がよく肥え、木の成長には適した環境です。(植物の成長に適しているから土が肥えているともいえる)

目の前の木を伐ることはやはり胸が痛みますし、環境破壊であるという気持ちになってしまうこともありますが、実は適切に樹木を利用する事は、山の環境をよくすることに繋がり、むしろ一番問題なのは森に関心を持てない事だと考えています。関心がないことでますます山は荒れ、関心が持てないがゆえに、森は無価値なものと見なされ、より大規模な開発へつながることもあります。

そんな思いから、今回の展覧会では私が感じている木の楽しさ、森の文化の奥深さを一般の方にも分かりやすくお伝えすることを通し、先ずは日本の森をもっと多くの方と一緒に楽しみたい!という方向性でエッセイを書き、約半分をパネル展示に充てました。

たくさんの皆さまに是非ご覧いただきたく思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

在廊日 2/9,10,21-24, 3/2,17

https://www.dougukan.jp/special_exhibition/soma?lang=en

2016年冬にSOMAを始め、ちょうど2年が経ちます。
この度、SOMAとして初の美術館での展覧会「日本の森と素木の家具」を開催いたします。
会場は竹中工務店が運営する、神戸の竹中大工道具館です。

多くの皆さまと、木の楽しさ、森の素晴らしさを共有したい!との思いで準備を進めております。
今までのSOMAとしてのほぼ全ての仕事はもちろん、何点かの新作の展示、SOMAの考える木の見方や楽しみ方についての解説、また展覧会と合わせまして、檜の丸太を割ってアナログな道具のみでスツールを作るワークショップ、森の案内人三浦豊さんによる新神戸駅周辺の森歩きツアーも開催いたします。
ワークショップへお申し込みご希望の方は、竹中大工道具館までご連絡ください。
また、今回はSOMAの新しいカタログも製作中です。

皆さまとお会いできることを、楽しみにしております!
https://www.dougukan.jp