MASARU KAWAI

MASARU KAWAI

森の話

2017 08 15

杉には表杉と裏杉という二種類がある。
表杉は太平洋側に生える杉で、裏杉は日本海側に生える杉だ。
秋田杉や吉野杉、屋久杉など名前は、ブランド名だと思ってもらえればいい。

先日、こんな森へ行って来た。
岐阜県美濃地方の奥山なのだが、とても興味深い森だった。
写っている巨木は、裏杉だ。裏杉の特徴として、ある程度の高さで伐採すると、そこからまた木が生えてくる。なので、このような異様な樹形になる。表杉では、こうはならない。
これらの木は、樹齢およそ500年だという。裏杉が生えているということは、500年前はここは日本海側の気候だったということであり、当時は雪が多く、雪挽きと言って降雪期に雪で滑らせて山から下ろす方法をとっていた。太い幹から細い幹へ変わっている高さのところまで雪があり、この高さで木こりが伐採していたことがうかがえる。
500年前は、こんなに太い杉が林立していたかと思うと、ため息が出る。

そして今度は、時代が下がるにつれて気候が変化し太平洋側の気候に変わっていった。
裏杉ではなく、表杉が育つ環境になったため、近年に植林された杉は表杉で、皆真っ直ぐに立っている。

同じ森の中でいくつもの時代が折り重なる、とても良い森だった。

SOMA POPUP STORE

2017 08 04

SOMA ポップアップストアのお知らせです!
8/23-8/28
新宿伊勢丹本館5Fウエストパークにて、初めてのSOMAだけの展示をします。
戦後日本中に植えられ使われるのを待っている、国産の杉と檜を使ったシリーズの初出店です。
いわゆる普通の針葉樹で作った家具たちに、どんな反応があるかとても楽しみです!
お気軽にお立ち寄りください。

新作

2017 06 26

京都やまほん

2017 06 02

個展のご案内です。
移転して新しくなります京都やまほんです。
2017.6.24-7.12
10:00-18:30
京都市中京区榎木町95-3-2F
24.25 日は在廊する予定です。
よろしくお願いいたします!

ukai

2017 05 21

岐阜の夏の風物詩、鵜飼。

とても暑い日でしたが、川の上には心地よい風が吹いていました。

先日のこと

2017 05 04

先日、澁澤寿一さんのお話を聞きに行った。
寿一さんは、澁澤栄一の曾孫にあたる方である。澁澤栄一は言うに及ばず、日本に資本主義の考え方を持ち込んだ人物だが、寿一さんはその貨幣経済の限界や、現在のエネルギー面での危機的な状況を訴え、且つ日本の農村にかつてあった暮らしの中にこそ、人類が生き残るヒントがあると感じ、活動をしていらっしゃる。もちろん、ご先祖への尊敬を込めて。

そもそもこの講演会は、小さな小さな田舎の公民館で、主にその自治会に属する方に向けて行われた。
普通に考えれば、県や市が主催し数百人に向けての話であってもなんら不思議ではないのだが、集まったのは30人程度。それでも会場は一杯だ。
寿一さんを呼んだのは、30歳前後(もしかして20代?)の青年。
僕が感激したのは、若い一人の青年が、自らの手を動かして(大袈裟に聞こえるかもしれないが)世界を良くしようと活動するのみならず(僕を含めモノヅクリ作家にはこのタイプが多い)、地元の上の世代の方に呼びかけ、行動し、バーチャルではなく頭を突きつけてどうすればこの土地がより良くなるのか、どう残していきたいのか、を真剣に考える土壌ができつつあるのを目の当たりにしたことだった。

講演の中で、寿一さんが「エコロジカル・フットプリント」の話をされていて、要約すれば、

1961年、地球1個が年間に作るエネルギーのうち半分を人間が使っていた。
2001年、人間が地球1個分のエネルギーを使うようになった。
2006年、地球1.5個分のエネルギーを使うようになった。
今後、中国が先進国並みにエネルギーを使うようになると地球が2.4個必要で、
全世界がアメリカ並みの水準の生活をすると、地球は、5.5個必要になる。

のだそうだ!
これは、、、、壊れてしまう。
誰がどう考えても。。

その中で印象に残ったのが、「昔の続きを生きる」という考え方だったのだが、この集落では既にこの考え方を実践し始めているのではないかとさえ思えた。公民館に集まり、これからどうしていくかを議論し合うという点においても。スカイプとか、チャットとかでななくて。

おそらく、この考えを地域の方と共有することが、寿一さんを講師として呼んだ理由だったのだろう。
なんて、先見の明があるのか。

僕が少し前に読んだ本で、「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか?」というものがあって、やはり1960年を境に全てが合理的になり経済が発展していったのだが、それによって失ってしまった、言葉ではうまく表現できない不思議な事象が本当はとても大切だったのでは、という気づきからsomaの活動に繋がっていった。
それが、この集落では本当にそれを地でいくところに繋がっていきそうで、とても楽しみで、少しヤキモチじみた気持ちさえ感じてしまった。